不飽和脂肪酸について

不飽和脂肪酸について

あなたは不飽和脂肪酸という栄養素を聞いた事がありますか?
あまり耳にはしないこの栄養素
実は私達の体の中で大切な役割をしてくれているんです。

脂質の材料でエネルギー源や体の構成成分となるほか
血中の中性脂肪、コレステロールの調節へ働き賭ける効果があります。

不飽和脂肪酸には多価不飽和脂肪酸と、一価不飽和脂肪酸に分けられ

一価不飽和脂肪酸に含まれるオレイン酸は
動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを減らすうえに
動脈硬化の防止に役立つ善玉コレステロールの減少を抑える性質を持っています。
多価不飽和脂肪酸よりも酸化されにくい性質はありますが
多価値不飽和脂肪酸より悪玉コレステロールを減らす作用は少ないと言われています。


多価不飽和脂肪酸に含まれるIPAやDHAは
細胞膜や体の仕組みに働き賭ける
生理活動物質の材料となる物質です。
中性脂肪を減らすうえに
善玉コレステロールを増やしてくれる役割があり
血栓ができるのを防いでくれるため
動脈硬化予防の効果もあります。
逆に不足してしまうと
皮膚炎、集中力低下、発育不良などが起こります。

多価不飽和脂肪酸に含まれるリノール酸は
体内で合成できない脂肪酸で
体の仕組みに働きかける生理活性物質の材料となる物質です。
悪玉コレステロールを増やしてくれるのはいいのですが
過剰摂取すると善玉コレステロールも減少させてしまいます。
その上肥満になり過酸化脂質や血栓を増やし動脈硬化を進行させます。

copyright(C)サプリメントマスター